MSCクルーズ寄港地

MSC寄港地紹介 南アメリカ


アルゼンチン

無限に拡がる地平線


アルゼンチンの広大で変化に富んだ土地には、驚くような自然の不思議が溢れ、世界で最も「熱い」街もあります。
南回帰線から南極近くまで細長く伸びたこの国には、緑豊かなリトラルの湿地帯や、北西部の乾燥しきったアンデス高地から、地の果てティエラ・デル・フエゴの島々まで、驚くほど変化に富んだ土地が広がっています。最も象徴的な光景は、パンパの緑豊かな平原と、その名前が逞しい先住民たちの住んでいた吹きさらしの平野を連想させるパタゴニアのドラマチックな草原です。
アルゼンチンクルーズの人気観光スポットのひとつは、南米各国の首都の中で最も魅力的と言われる巨大都市ブエノスアイレスです。
ただ散策したり、人々を観察したり、買い物や街の独特な雰囲気に浸るだけでも胸が踊る場所です。
バリオス (都市の一区域) のひとつは退廃的で古めかしい雰囲気、また別の地区は思い切りモダンであったりと、それぞれが驚くほど個性的です。
アルゼンチンの旅では、北西部のコロニアル様式の街並が残る サルタや、チェ・ゲバラ生誕の地ロザリオ、ビーグル水道の美しいウォーターフロントを楽しめる世界最南端の街ウシュアイアを訪れることができます。

※寄港地の写真はイメージです。



アルゼンチンの寄港地


MSC寄港地紹介

ブエノスアイレス

プラザ・デ・マヨを訪れる

ブエノスアイレスは、アルゼンチンへと向かうMSC南米クルーズで是非訪れたい街です。その中心に位置する、広々としてヤシの木が点在するマージョ広場は、有名な大統領府カサ・ロサダなど歴史的、政治的な繋がりをもちながらもミスマッチな建物が並ぶこの地を見て回る出発地として最適です。



MSCクルーズ寄港地

広場からゆっくりと西に進むと、街の目抜き通りマヨ通りに出ます。この通りには、印象的なアール・ヌーボーやアールデコ建築が立ち並んでいます。

マヨ通りを西へと突き当たると、連邦議会が開かれる国会議事堂のある国会議事堂広場があります。カサ・ロサダは、フランスとイタリアのルネッサンス様式を取り入れた典型的なアルゼンチン風の建築物で、スペインの砦の跡に建っています。1594年に建設が始まり、1776年に総督宮殿となりました。1862年には、バルトロメ・ミトレ大統領が政府の省庁をこの建物に移し、再び改装されました。そして、1885年に最後の仕上げとして中央アーチが加えられ、ファサードに統合されました。カサ・ロサダの裏には、巨大なアルゼンチン国旗が掲げられているコロン広場 があり、カララ大理石でできたクリストファー・コロンブスの像が、川と旧世界を見つめています。

MSC南米クルーズでは、それぞれに独特の雰囲気をもつ4つの居住地区レティーロ、レコレータ、パレルモ、そしてベルグラノのあるブエノスアイレス北部への寄港地観光をご用意しています。中心に近いのは、2つの地区を合わせた呼び名バリオ・ノルテとして知られる レティーロとレコレータで、シックな通りにブティック、アートギャラリー、洒落たカフェが並びます。レコレータは、その壮大な墓地のあることで知られていますが、その中には国民的に有名なエビータも埋葬されています。どのバリオスにもフランス風の宮殿が驚くほど密集しており、20世紀初頭の街のエリート達が評価の高いヨーロッパの街に執着していた明らかな証拠となっています。

MSCクルーズ寄港地

Casa rosada

MSCクルーズ寄港地
La Recoleta

MSCクルーズ寄港地
Tango Dancing

MSCクルーズ寄港地
ブエノスアイレス

MSCクルーズ寄港地
ブエノスアイレス

MSCクルーズ寄港地
ブエノスアイレス








MSC寄港地紹介トップ 南アメリカ

MSCクルーズ寄港地


MSCヨットクラブ MSCヨットクラブ
あなたのための最高のサービス。MSCヨットクラブでラグジュアリーな船旅を楽しもう。
おすすめクルーズ おすすめクルーズ
経験が豊富なIMAがお客様の為にセレクトしたおすすめクルーズの特集です。
ディスカバーMSC ディスカバーMSC
客船、船内設備、サービスなど、MSCクルーズの素晴らしさを全部教えます!
クルーズの楽しみ方 クルーズの楽しみ方
初めての方に、興味のある方に、クルーズの楽しみ方を教えます!
MSCプロモーション お得なプロモーション
きっと嬉しいMSCクルーズのプロモーションがみつかります!
ニュースレター登録 ニュースレター購読
購読者だけにお届けするMSCクルーズのお得な情報をメールで配信中です!
    IMAすぐフォロー!
    IMAすぐシェア!
MSCクルーズ検索とオンライン予約