MSCクルーズ寄港地

MSC寄港地紹介 エジプト、紅海、サウジアラビア


エジプト

ピラミッドに囲まれて


古代のギリシャとローマの民によって始まり、巨人の作ったかのようなプラミッドとテーベのコロシアムが有名です。
植民地時代にはナポレオンとイギリスがエジプトの財宝で国立美術館を埋め、結果多くの冒険家たちが集うようになり、多くの旅行者も引き付けるようになります。ナイル川クルーズやエジプトの歴史講義を冒険家トーマス・クックと楽しみます。エジプトへのクルーズではナイル渓谷の遺跡やスーク、モスク、イスラム教カイロの宗教学校だけでなく、すばらしいサンゴ礁や熱帯魚、砂丘、古代の要塞、修道院、先史時代の岩のアートなども楽しむことができます。特異な自然で造られた土地にナイル川が流れることで生命をもたらすます。
スーダンとの国境から地中海沿岸までナイル渓谷とそのデルタ地帯は乾燥した荒れ果てた土地です。デルタ地帯は無人ですが、渓谷は人で溢れています。この人口の密集と荒廃の二極性はエジプトの個性の基礎となっています。また先史時代より7000年続く文化と人々の多様性もエジプトの個性です。エジプトを訪れる訪問者の多くは遺跡を訪れますが、住んでいる人々とその性格様式こそが記憶に残ります。

※寄港地の写真はイメージです。



エジプトの寄港地


MSC寄港地紹介

サファガ

砂丘海岸のある静かな街
ルクソール神殿への出発点
カルナック神殿の壮大な複合体

ファラオを足跡を追って
中東クルーズで訪れるサファガ港 (アラビア語でバール サファガ) は紅海沿岸の街です。
街の主要な産業は近郊のリン酸塩鉱山です。
寄港地観光でルクソールを訪れるを忘れずに。サファガの港から続く、遺跡の旅になります。


19世紀にナイル川に蒸気船が寄港を始めて以来、古代エジプト王国の首都テーベとそれにまつわる遺跡を見るために多く人々が訪れます。ルクソール神殿が街の誇りでもあります。その栄華は港から街の中心まで続きます。また数キロ北には1300年前に建立された壮大な複合体であるカルナック神殿があります。川を渡れば墓地や霊安地であるテーベのネクロポリスがあります。これらはエジプトを訪れた際には見逃せない場所です。

街の中心に聳え立つルクソール神殿は海からも威厳のある存在であり、エル=ハッジャージは壮大な列柱と塔門がその存在感を強調します。

MSCクルーズ寄港地

Luxor, Valley of the Kings

MSCクルーズ寄港地
Karnak

MSCクルーズ寄港地
Nile








MSC寄港地紹介トップ エジプト、紅海、サウジアラビア

MSCクルーズ寄港地


MSCヨットクラブ MSCヨットクラブ
あなたのための最高のサービス。MSCヨットクラブでラグジュアリーな船旅を楽しもう。
おすすめクルーズ おすすめクルーズ
経験が豊富なIMAがお客様の為にセレクトしたおすすめクルーズの特集です。
ディスカバーMSC ディスカバーMSC
客船、船内設備、サービスなど、MSCクルーズの素晴らしさを全部教えます!
クルーズの楽しみ方 クルーズの楽しみ方
初めての方に、興味のある方に、クルーズの楽しみ方を教えます!
MSCプロモーション お得なプロモーション
きっと嬉しいMSCクルーズのプロモーションがみつかります!
ニュースレター登録 ニュースレター購読
購読者だけにお届けするMSCクルーズのお得な情報をメールで配信中です!
    IMAすぐフォロー!
    IMAすぐシェア!
MSCクルーズ検索とオンライン予約