MSCクルーズ寄港地

MSC寄港地紹介 北欧


ドイツ

ハンザ同盟の軌跡をたどる


北ドイツの休暇は、美しい田園風景に出会える旅。
シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州の州都、キールは、貨物船や旅客船など大型船舶が出入りする重要な港湾都市。州都であるにもかかわらず、都市開発に脅かされていないこの街は、穏やかなバルト海沿岸に位置し、雄大なフィヨルド、西海岸に吹く風、そして絵の具をこぼしたようなカラフルな色彩に彩られる空の風景が、時代を超えて多くの芸術家たちのインスピレーションを掻き立ててきました。リューベックでは少し、いにしえのロマンに浸りましょう。かつて、都市国家として栄えたリューベック。その豊かで波乱に満ちた歴史は、地元出身のノーベル文学賞受賞作家、トーマスマンの作品にも描かれています。リューベックの魅力は、何といってもドイツで最も美しいといわれる旧市街。中世に何世紀にもわたりハンザ同盟の盟主として栄えた華やかな歴史を今に語り継ぐ街並みは、ユネスコの世界文化遺産に登録されています。
ハンブルグとリューベックで、素晴らしい歴史文化に触れた後は、MSCの北欧クルーズで、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州の魅力を満喫。シュレースヴィヒの美しいビーチ、緑茂る砂丘、そして赤と白のストライプカラーの灯台、フィヨルドに囲まれた港街、変化しやすい気候、そして北欧の情緒溢れるホルシュタインなど、ここは大自然の神秘に包まれています。

※寄港地の写真はイメージです。




MSC寄港地紹介

ハンブルク

コスモポリタン都市

北海とバルト海との中間に位置するハンブルク。ヨーロッパ最大級の港を見下ろす洗練された飾り気のない建物を目にしたとたん、その魅力の虜となるでしょう。MSCの北欧クルーズでこの場所に到着したら、その輝かしい歴史の一端に触れることができます。ハンブルクはコスモポリタンであり、豊かな洗練された都市です。今でも「自由ハンザ同盟都市」というタイトルを誇りに思い、経済活動が盛んに行われています。



MSCクルーズ寄港地

ハンブルクは実際に、MSCのクルーズ客船が停泊する港の中心業務である海運業との常に深い関わりを保ってきました。多くの観光客がハンブルクで歓楽街レーパーバーンを訪れますが、この街の息吹をもっと感じたいと思うなら、シュパイヒャーシュタット(倉庫街)への寄港地観光が欠かせません。ツォルカナル(関税運河)の外側の地域は、石畳の道、破風、小塔が合わさって、内側とは別世界を作り出しています。

もうひとつの街の象徴であるザンクトミヒャエル教会は、中心街の西端のルードヴィッヒ・エアハート通りにあります。ハンブルクを代表する教会であることも納得の建築物です。「ミヒャエル」は、他のどの建物よりもハンブルクの不屈の精神を表しています。1750年の落雷により焼失した後、エルンスト・ゲオルグ・ゾンニンによりバロック様式で再建されました。しかし、偶然の火災により1906年に再び焼失します。

1945年、連合国軍により、三代目の教会の屋根と内部が完全に破壊されました。ゾンニンの設計に基づいて再び再建され、現在北ドイツで最も重要なバロック教会として蘇ります。MSCクルーズの寄港地観光で最大の見どころと言えるのは、おそらく、ハンブルクを見下ろす最高の眺望でしょう。シュパイヒャーシュタット、エルベ川上のコンテナ港と船、アルスター湖、教会と市庁舎の5つの尖塔を一望できます。

MSCクルーズ寄港地

Speicherstadt

MSCクルーズ寄港地
St. Pauli Piers, Pegelturm

MSCクルーズ寄港地
St. Michael's Church

MSCクルーズ寄港地
ハンブルク

MSCクルーズ寄港地
ハンブルク





MSC寄港地紹介

キール/リューベック

水との深い関わり

MSCの北欧クルーズでは、拡張し続けるバルト海の沿岸都市キールを訪れることができます。キールは1871年ドイツ帝国の軍港となり、1895年に運河が開かれてバルティック海および北海とつながったことにより、世界最大の人工水路を支配するようになりました。



MSCクルーズ寄港地

キールはMSCクルーズでドイツに寄港中に、リラックスした休暇をお楽しみいただくのに理想的な場所です。気負ったところがなく静かな街、キール。ヨットファンには見逃せない国際レガッタ、「キーラー・ヴォッヘ」(Kieler Woche)もここで開催されます。街に数軒ある博物館は午前中だけで見て回れますが、さらに一歩踏み込んでキールを知りたいと思うなら、この街と分かちがたい絆をもつ水路を無視するわけにはいきません。キールリニーという歩道に沿って散策できるほか、キール・フィヨルドや運河に沿ってクルーズを楽しむこともできます。

埠頭に沿った広々とした散策道からは、ヨットスクールの小型ボートも含めて、ありとあらゆるタイプの船舶を眺めることができます。また、前方の係船ドックからは、キールで一番の眺望が望めます。キールの中心から南西6キロメートルにあるモルフゼーには、シュレスビック・ホルシュタイン野外博物館があります。

この野外博物館はこの地域の70の伝統的な建物を集め、ミニチュア村として展示しています。植民地時代風の家には当時使用されていた家具がまだ備えられており、驚くべきことに、凍るような寒さの冬に暖かさを保つため、家族全員が一緒に寝たというベッドも展示されています。

MSCクルーズでキールに寄港中は、エクスカーションで、中世の栄光をとどめるヨーロッパ北部海岸の数少ない都市のひとつ、リューベックを訪れます。200年以上もの間、最も豊かで最も強力なヨーロッパ都市のひとつでした。商業活動から得た富は、ドイツ最古の市庁舎から、最も高い鐘楼のある教会や商人たちの豪邸にいたるまで、その建築物に最もよく表れています。

MSCクルーズ寄港地

Holsten Gate

MSCクルーズ寄港地
Eutin Castle

MSCクルーズ寄港地
Eutin Castle

MSCクルーズ寄港地
Kieler Rathaus





MSC寄港地紹介

ヴァーネミュンデ/ベルリン

銀色の砂丘

ロストックにあるヴァーネミュンデはドイツの有名な海岸リゾートであり、MSCの北欧クルーズがドイツ沿岸に寄港する際に訪れる場所です。ヴァルノウ川がバルト海に注ぎ込む河口にあるヴァーネミュンデの魅力は、小さな村々、ホテル、そして広大な白色と銀色の砂浜です。中心地は海岸沿いに延びるアム・シュトロームと呼ばれる通りで、昔は船長や漁師の住居だった場所が現在はカフェやショップになっています。



MSCクルーズ寄港地

クルーズ中の寄港地観光では、シュベリンまで行くことができます。

湖に囲まれ、想像力を刺激するおとぎ話に出てくるようなお城のあるこの街は、その建築物と歴史的都市の雰囲気で、訪れる人を驚かせます。寄港地観光を続けるとリューベックに着きます。ここは、ヨーロッパ北部の海岸沿いの街のなかで、中世の面影を残す数少ない都市のひとつです。

200年以上にわたりハンザ同盟の盟主であったリューベックは、ヨーロッパで最も裕福で最も強力であった都市のひとつで、バルト海のヴェネツィアと謳われていました。その繁栄ぶりは、ドイツ最古の市庁舎から、最も高い鐘楼のある教会や商人たちの豪邸まで、その建築物に最もよく表れています。

リューベックは北欧で最初にユネスコ世界遺産に登録された都市です(1987年登録)。最後に、ドイツ最大で最も活気に満ちたコスモポリタン都市ベルリンを訪れるのもお忘れなく。多くの見どころの中でも第一に挙げられるのが、ブランデンブルク門。ドイツ連邦議会が開かれるドイツ連邦議会議事堂の近くにあるこのモニュメントは、アテネのアクロポリスをモデルにして設計され、ベルリンの凱旋門として1791年に建設されました。そして、すぐに統一ドイツのシンボルとなりました。

ブランデンブルク門はパリザー広場を見下ろしており、ここから東に「菩提樹の下」という意味の名前をもつ大通り、ショップやカフェが建ち並ぶウンターデンリンデンが延びています。

MSCクルーズ寄港地

The Brandenburg gate

MSCクルーズ寄港地
Lubeck

MSCクルーズ寄港地
Schwerin








MSC寄港地紹介トップ 北欧

MSCクルーズ寄港地


MSCヨットクラブ MSCヨットクラブ
あなたのための最高のサービス。MSCヨットクラブでラグジュアリーな船旅を楽しもう。
おすすめクルーズ おすすめクルーズ
経験が豊富なIMAがお客様の為にセレクトしたおすすめクルーズの特集です。
ディスカバーMSC ディスカバーMSC
客船、船内設備、サービスなど、MSCクルーズの素晴らしさを全部教えます!
クルーズの楽しみ方 クルーズの楽しみ方
初めての方に、興味のある方に、クルーズの楽しみ方を教えます!
MSCプロモーション お得なプロモーション
きっと嬉しいMSCクルーズのプロモーションがみつかります!
ニュースレター登録 ニュースレター購読
購読者だけにお届けするMSCクルーズのお得な情報をメールで配信中です!
    IMAすぐフォロー!
    IMAすぐシェア!
MSCクルーズ検索とオンライン予約