MSCクルーズ寄港地

MSC寄港地紹介 地中海


ギリシャ

神々の御加護のもとで


地中海に浮かぶギリシャの島々の中で人が住むのは227島。これらの島の魅力をすべて見てまわるには、相当な時間がかかるでしょう。 瑠璃色の海を見下ろす岩壁が続く海岸線には、秘密の洞窟や白砂のビーチが点在しています。その夢のような風景はまるで旅行用ポスターそのもの。太陽と海、砂浜に彩られた、憧れのギリシャの夏がここにあります。
ギリシャの島々を巡る旅は、豊かな文化に魅了される旅。これまでさまざまな文明がギリシャに足跡を残してきました。アフロディーテを祀る寺院の遺跡、禁断のヴェネツィアの砦、あるいは美しいフレスコ画に彩られた、埃まみれのビザンチン様式の修道院など、この国の街や村の一つひとつが、今もなお歴史との深い繋がりを持っています。
ギリシャの島々で過ごす休日は、文化的魅力に溢れています。暖かな気候に包まれて、のんびりと贅沢な時間を過ごしたり、夕暮れどきの穏やかな海で海水浴を楽しんだり、星空の下でドリンクを片手に語り合ったり。思いのままにお過ごしいただけます。
ギリシャ屈指の国際都市、アテネは、避けて通れない寄港地です。この街には、世界的に有名なアクロポリスのほかに、美術館や博物館をはじめコンサート、ショッピング、グルメレストラン、クラブなど、多種多様な文化的見どころと大都市の魅力がぎっしり詰まっています。

※寄港地の写真はイメージです。




MSC寄港地紹介

コルフ島

エレガンス漂う要塞都市

MSCの地中海クルーズの寄港地観光は、ギリシャで最も美しい海辺の街のひとつ、コルフ島の首都を探訪する絶好の機会です。コルフの街は、それぞれ趣の異なる街並みが共存し、見事な調和を奏でています。2つの要塞に見守られる歴史地区は、小さなエリアから成り、旧港を取り囲むように広がっています。



MSCクルーズ寄港地

島で一番古い街並みが残るカンピエッロは、波止場を見下ろす丘の上にあり、コフィネタは、スピアナーダと呼ばれる遊歩道に向かって伸びています。アギイ・アポストリはメトロポリス(ギリシャ正教の大聖堂)の西側に広がり、ネオ・フルリオ(新要塞)のそばには、旧ユダヤ地区の街並みが残っています。

MSCクルーズの客船から降りて街中へ入ると、高い壁に挟まれた細い路地に、コルフで最も美しい建物がいくつも隠されていることに気づくでしょう。そして歴史地区の周りを囲むように広がる地区が、新市街を形成しています。

寄港地観光の一番の見どころは、パレオ・フルリオ(旧要塞)とネオ・フルリオ(新要塞)の2つの要塞です。旧港を見渡すネオ・フルリオは、パレオ・フルリオよりも街並みの建築美を堪能できます。要塞の裏手にある入り口は、地下貯蔵庫、地下牢へつながり、街と港の素晴らしい眺望を楽しめる胸壁へ出ます。要塞の最上階には、小さなギャラリーとカフェがあります。

パレオ・フルリオは、ネオ・フルリオほど保存状態は良くなく、一部の近代的な構造がアンバンランスな印象を与えます。しかし、門をくぐると興味深いビザンチン美術館があり、中央の塔へのぼるとさらに感動的な眺望が目の前に広がります。パレオ・フルリオの西側には、人々で賑わいを見せるリストン通りがあります。数々のカフェが軒を連ねるこの通りは、フランス領時代、パリのリヴォリ通りを手がけた建築家によって建設されたもので、緑に囲まれた遊歩道、スピアナーダに続いています。

MSCクルーズの寄港地観光でこの街を訪ね、16世紀に建立された聖スピリドン教会やフランス領、イギリス領時代の建造物の美しさを堪能しましょう。

MSCクルーズ寄港地

The Achilleion Palace

MSCクルーズ寄港地
he Old Fortress

MSCクルーズ寄港地
Palaiokastritsa

MSCクルーズ寄港地
Palaiokastritsa

MSCクルーズ寄港地
コルフ島

MSCクルーズ寄港地
コルフ島

MSCクルーズ寄港地
コルフ島

MSCクルーズ寄港地
コルフ島





MSC寄港地紹介

ハニア

クレタ島の古い都

クレタ島で2番目に大きな街であるハニアは、地中海を臨む宝石のような街です。MSC クルーズでは、ミノア文明、そしてヴェネツィアおよびオスマントルコの支配下と歴史に翻弄された美しい街の景色を間近で眺めるチャンスがあります。



MSCクルーズ寄港地

寄港地観光でも訪れる歴史のある中心地は、ヴェネツィア人が建設した印象的な壁と港の間にあります。カネヴァロ通りに沿って建つ家々や建物には、イタリアの影響が見られ、門には セレニッシマ(ヴェネツィア共和国)の紋章がありますが、これに典型的なトルコ建築の特徴が加わっています。この古い街では、シナゴーグのあるユダヤ人街や、ミノアの住宅の基礎が見つかったカステリを訪れます。聖ニコラス教会も見逃せません。1320年にドミニコ会派が建てたこの教会は、のちにモスクに改装され、1918年に 東方正教会に変更されました。港に戻るとドックの前に、ジャニサリーモスクとして知られる、クレタ島で最も古い キオウトスク ハッサン モスクが目に入ってきます。

ハニアを離れて、レティムノ に向かいます。この魅力的な街もまたヴェネツィアやオスマントルコの歴史の跡が残されています。ヴェネツィア共和国のドージェ総督の時代、レティムノは文化の中心地として知られ、当時の知識人や芸術家が頻繁に出入りしていました。注目すべきはその大きな要塞で、1646年、ヴェネツィア人がトルコの侵攻から住民を守るために岬に建てたものです。そして、Tis Nerantzes モスクは、かつてはゴシック様式の聖マリア教会でしたが、1890年にミナレットが追加されました。

寄港地観光では、アギア・トリアダ修道院を訪れることもできます。優雅で荘厳なこの聖なる場所は、17世紀にルネッサンス様式で建築され、何百人もの修道士の住まいとなりました。

MSCクルーズ寄港地

Agia Triada

MSCクルーズ寄港地
Old Town/Fountain in Rethymno

MSCクルーズ寄港地
ハニア

MSCクルーズ寄港地
ハニア

MSCクルーズ寄港地
ハニア

MSCクルーズ寄港地
ハニア





MSC寄港地紹介

イラクリオン/クレタ

素晴らしい眺望

イラクリオンを訪れるなら、MSCクルーズの客船で海からアクセスするのが一番。定番のアプローチ方法ですが、西側にプシロリティス(イディ山)の高みを従え、イオウタス山を借景に、この街が一番美しく輝く風景を愛でることができます。港に近づくにつれ、港の入り口に立つ偉大な要塞と旧市街を取り囲む城壁が、目の前に迫ってきます。



MSCクルーズ寄港地

MSCクルーズの客船からイラクリオンに降り立ち、荘厳な要塞、おしゃれな市場、歴史情緒あふれる路地をぜひ訪れましょう。多くの見どころは、この要塞都市の北東の角に集まっています。大きいところで最大15メートルの幅がある壮大なヴェネツィア要塞は、イラクリオンの歴史上最も重要な建造物のひとつです。

建築構造はかなり良く保存されていますが、入り口はほぼ失われています。プラティア・ヴェニゼロウ(ヴェニゼロウ広場)に向かって進んでゆくと右手にカフェやバーで賑わいをみせるエル・グレコ公園があります。その反対側、左手にはイラクリオンの重要な歴史的建造物、聖ティトス教会と有名な柱廊をもつヴェネツィア時代の市庁舎があります。これら2つの建物は大部分が再建されています。すぐ上にはサンマルコ教会があり、教会の階段は近くの広場から上ってきた観光客でいつも混雑しています。

イラクリオから5キロメートル南、人工的に作られた広く緩やかな丘陵地にクノッソス宮殿があります。これは3,500年以上昔にクレタ島全体を支配し、繁栄した華やかなミノア文明の宮殿の中で最大の宮殿遺跡です。クレタ島の寄港地観光は、ギリシャを訪れるMSCの地中海クルーズでは見逃せないツアーです。

クノッソス宮殿の西翼から宮殿内に入ると、ここに迷宮伝説が生まれた理由がはっきりと理解できます。地図とガイドを持っていたとしても、自分がどこにいるかさえ分からなくなるほどです。

MSCクルーズ寄港地

The palace of Knossos

MSCクルーズ寄港地
Minoan artefacts in the museum/Rethymnon village

MSCクルーズ寄港地
イラクリオン





MSC寄港地紹介

ミコノス島

島の色は、ホワイト&ブルー

地中海を巡るMSCクルーズでは、キラクデス諸島のシンボル、ミコノス島を訪れます。夏の日中は、多くの人々がビーチで過ごすので、迷路のように入り組んだ路地を散策するのは、早朝もしくは夕方がおすすめです。



MSCクルーズ寄港地

迷宮のような街並みは、18世紀から19世紀初期にかけてミコノス島を脅かしていた海賊たちを翻弄するために設計されたもので、現在は、観光客を惑わしています。MSCクルーズの客船から降り立ち、入り組んだ小道や路地に迷い込むのも、この街の楽しみ方のひとつ。

クルーズ客船を後にして、街中へ入っていくと考古学博物館を通ります。この博物館は、隣り合うデロス島とリニア島の墓地から発掘された遺物を展示するため、1905年に特別に創設されました。MSCの地中海クルーズの寄港地観光は、ミコノスの博物館や白い壁の邸宅を訪れる絶好の機会です。レナの家は、20世紀の貿易商の邸宅を完全に復元したものです。

18世紀の邸宅を改修して創られた民俗博物館には、見応えのあるアンティーク小物のコレクションが展示されています。地階では、海運国家として栄えたミコノス島の歴史をテーマにした展示を鑑賞できます。民俗博物館の建つ岬には、ミコノス最古の教会として有名なパラポルティアニ教会があります。異なるデザインの4つの礼拝堂が仲良く肩を並べ、不揃いながらも魅力的な姿を見せてくれます。教会からさらに港沿いを進むと、リトルヴェニスと呼ばれる地区に出ます。柱廊をもつ背の高いヴェネツィア風の邸宅が南西端の海岸線ぎりぎりに並ぶ風景は、まるでヴェネツィアさながら。

隣接するアレフカンドラ地区とともに、アートギャラリーやトレンディなバー、ショップやクラブが集まる賑やかなエリアです。リトルヴェニスの先の丘の上には有名なカト・ミリの風車があり、このエリアを見下ろしています。改修され美しくなったその姿は、記念写真にぴったりです。

MSCクルーズ寄港地

Mykonos town

MSCクルーズ寄港地
The island of Delos

MSCクルーズ寄港地
A typical windmill

MSCクルーズ寄港地
ミコノス島

MSCクルーズ寄港地
ミコノス島

MSCクルーズ寄港地
ミコノス島

MSCクルーズ寄港地
ミコノス島





MSC寄港地紹介

サントリーニ

紺碧の海の上空に浮かぶ白い宝石

サントリーニの素晴らしい自然美を鑑賞することなく、ギリシャでの休日を語ることできません。MSCのクルーズ客船は、サントリーニ島(またはティラ島)のカルデラの中へと入っていきます。ここはまるで土地が隆起し、カルデラの周りに固定されたような地形になっています。



MSCクルーズ寄港地

紺碧の海から数百メートルの高さに切り立つ不毛の絶壁が織りなすドラマチックな景観。赤茶、黒、灰色の3色が、サントリーニ諸島最大の島、サントリーニ本島の岩壁に美しい層を描き出しています。

MSCの地中海クルーズの寄港地観光では、壮大なカルデラの縁に立つフィラ(またはホラ)の街を訪れる絶好の機会です。フィラのレストランは主に観光客向けのレストランですが、料理のクオリティは結構期待できます。風光明媚なカルデラの周囲を2時間ほどかけて散策すると、イメロヴィグリとその北にあるフィロステファニに到着します。これらの集落はどちらもカルデラの奇観で知られています。

フィラの南東へ徒歩20分の距離に位置する小さな集落、カルテラドスも、おすすめのルートです。MSCの地中海クルーズでは、サントリーニ島のビーチを訪れるツアーもご用意しています。島の東海岸に伸びる火山地域特有の黒い砂浜は、午後の太陽に照らされて焼けつくような熱さになります。

かつてこの島に栄えたミノア文明の都市遺跡は、島の南西端にあるアクロティリのリゾート地に囲まれたミノア・ティラ古代遺跡群で発掘されました。ここには、新石器時代後期から紀元前17世紀まで人々が住んでいました。また、街の北側にあるケーブルカー乗り場のそばにあるフィラ考古学博物館には、ティラ古代都市遺跡から発掘された遺物のコレクションが、美しく展示されています。

MSCクルーズ寄港地

Nea Kameni and the caldera

MSCクルーズ寄港地
Akrotiri

MSCクルーズ寄港地
Oia village

MSCクルーズ寄港地
Oia village

MSCクルーズ寄港地
Oia village

MSCクルーズ寄港地
サントリーニ

MSCクルーズ寄港地
サントリーニ

MSCクルーズ寄港地
サントリーニ

MSCクルーズ寄港地
サントリーニ





MSC寄港地紹介

カタコロン/オリンピア

数千年の歴史を持つスポーツ発祥の地

地中海を巡るMSCクルーズで訪れるギリシャの休日は、歴史と神秘探訪の旅。カタコロンは、オリンピアの古代遺跡からほんの20キロメートルのアギオス・アンドレアス湾にある小さな海辺の街。



MSCクルーズ寄港地

何千年もにわたり古代ギリシャの競技祭が行われたオリンピアと歴史的関連性および重要性をもつのは、デルフィ遺跡またはミケーネ遺跡だけです。MSCの地中海クルーズでは、オリンピアの見どころを網羅した寄港地観光をご用意しています。ギリシャ最大の古代都市、オリンピアは、アルフィオス川とクラディオス川の河畔、クロノスの丘のふもとに広がります。

古代オリンピアの栄華と繁栄を今に伝える古代遺跡のあまりの多さに、少々戸惑ってしまうかもしれませんが、MSCクルーズの寄港地観光で、この絵に描いたように美しい場所を避けて通ることはできません。競技場の入り口は、近代的な街並みからほんの200メートル離れた場所、公共機関の建物が集まるエリアを越えたところにあり、ここを通り抜けるとアルティスの境界壁の西側に出ます。プリュタネイオンは、役所兼迎賓館として使われていた建物で、ここでアスリートたちが公費で食住を共にしていました。

競技者たちが試合前の決められた月にトレーニングを行ったギュムナシオンとパライストラ(レスリング学校)の遺跡も見学できます。これらの建物を越えたところに、聖職者の住宅、テオコレイオンがあります。重要な列柱建築で、南東の角にはビザンチン様式の教会建築の影響が見られます。アルティスの境内で一番重要な遺跡は、ドーリア式建築の傑作であるゼウス神殿です。

紀元前470年から456年の間に建設されたこの建物は、パルテノン神殿と同じ大きさ。地面に散らばる巨大なドラム状の石材から、この神殿がこれらの石材を積み重ねて作った円柱に支えられていたことがわかります。ゼウス神殿の装飾もまた、アテネの最高傑作です。「オイノマオス王とペロプスの戦車競走」、「ラピタイ族とケンタウロスの戦い」、そして「ヘラクレスの12の試練」の彫像は、それぞれ部分的に復元され、現在オリンピア考古学博物館に展示されています。

MSCクルーズ寄港地

Olympia

MSCクルーズ寄港地
The original Olympic Stadium/Korouta Beach





MSC寄港地紹介

ピレウス/アテネ

古代文明の証言者

地中海を巡るMSCクルーズの寄港地、ピレウス(英語ではPirareus)。古典古代からアテネの外港都市として栄えたこの街は、アテネとともに通称「長い壁」と呼ばれる城塞で囲まれていました。現在は、その城壁の残骸があちこちに点在しています。



MSCクルーズ寄港地

現在、ピレウスは、名実ともにギリシャの重要都市となっています。MSCクルーズの客船が停泊している港から、フェリーが次々と出港していきます。それはこの港にたくさんの人々が到着するということ。そしてこの港に少しいるだけで、街の真の魅力が、小さな半島の反対側にあるゼア・マリーナとミクロリマノの2つの小さな波止場周辺にあることに気づくはずです。

ここは、海辺におしゃれなカフェやバー、レストランが並ぶ高級住宅街で、街で最も美味しいシーフード料理が食べられるエリアです。MSCの地中海クルーズの寄港地観光では、アテネを訪れるツアーもご用意しています。アテネでは、パルテノン神殿をはじめとする、アクロポリスの丘の上に残る古典古代のギリシャ都市の遺跡や、壮麗な国立考古学博物館が最も有名です。

壮大なパルテノン神殿を冠するアクロポリスの岩山からは、アテネのほぼ全域を見渡すことができます。周囲をぐるっと囲むように遊歩道が設けられており、あらゆる角度からパルテノン神殿の魅力を堪能することができます。アクロポリスの入り口にある建物、プロピュライアを通り抜けると、右手にそびえる急峻な稜堡の上に、気品ある小さなアテナ・ニーケ神殿があり、ピレウスとサロニカ湾を見下ろします。

一番の見どころであるパルテノン神殿は、アテナイの黄金時代を築き上げた政治家、ペリクレスの最初かつ最大のプロジェクトでした。当初、石柱は明るく彩色され、建物は古典古代の美しい彫像と華やかな色彩で飾られていました。パルテノン神殿の北側には、エレクテイオン神殿があります。チュニックを身につけた6体の背の高い少女姿の柱像(カリアティード)に支えられているカリアティードの玄関は、まさに圧巻です。

MSCクルーズ寄港地

Corinth Canal

MSCクルーズ寄港地
The Parthenon

MSCクルーズ寄港地
An exhibit in the Acropolis Museum

MSCクルーズ寄港地
アテネ

MSCクルーズ寄港地
アテネ

MSCクルーズ寄港地
アテネ

MSCクルーズ寄港地
アテネ

MSCクルーズ寄港地
ピレウス





MSC寄港地紹介

ロードス/リンドス

コロッサス(巨像)の都市

ロードス島は、MSCクルーズの東地中海クルーズで出会える島。島の北端にそり出る岬に広がるロードスの街は島最大の都市で、島の北20km先にトルコの領土がはっきりと見えます。



MSCクルーズ寄港地

現在ロードスの街があるエリアは、かつて古代都市が栄えていました。紀元前5世紀にミレトスのヒッポダモスによって設計されたこの都市は、現在の街のほぼ2倍の面積をもち、人口は2倍以上の10万人を超えていました。現在、旧市街として知られている城塞に囲まれたエリアは、それからかなり後の14世紀にホスピタル騎士団(聖ヨハネ騎士団)によって建設されたもので、現存する中世要塞都市の最高峰のひとつです。

MSCの地中海クルーズでは、寄港地観光でロードス島を訪れます。この島の見どころとして頭に浮かぶのは、世界七不思議の一つであるコロッサス(ロードス島の巨像)です。紀元前305年に勃発したロードス包囲戦を記念して建造された古代アポロの彫像で、マンドラキ港の入り口に脚を開いて立っていたと考えられています。

ロードスの旧市街は、まさに至宝。美しく保存された中世の街並みは、大都市に変貌することなく、また、観光客向けにおおげさに飾り立てられることもなく、人々の生活の息吹が聞こえる独特な雰囲気を生み出しています。このエリアの美しい風景、興味深い美術館や博物館は確かに見どころですが、この街を特別にしているのは訪れる者の心を虜にする街全体の美しさです。

レストランやカフェをはじめ、Tシャツや毛皮のコート、アイスクリームからジュエリーまでさまざまな土産物品を売るショップが立ち並ぶ、ショッピングストリートは多くの人々で賑わいをみせています。中でも、ソクラテス通りは、夏場になるとかなり混雑する曲者です。でもそんな時は、海から離れた街の南端を縫うように通る石畳の路地に逃げ込んで、古の街へひとときのタイムトリップを楽しみましょう。

MSCクルーズ寄港地

Temple of Athena

MSCクルーズ寄港地
The city

MSCクルーズ寄港地
Palace Grand Master of the Knights

MSCクルーズ寄港地
ロードス





MSC寄港地紹介

ケファロニア/アルゴストリ

メリッサニ洞窟。フィスカルドとアソス。ドロガラティ洞窟と聖エフィミアビレッジ

イオニア海の宝石のような島、MSC地中海クルーズの目的地でもあるケファロニア島を探検しましょう!凛々しい洞窟を探索したり、砂浜の入り江を散策したり、ターコイズブルーの海に浸ったりしてください。



MSCクルーズ寄港地

ここでは、眺めの良いハーバーとまばゆいビーチの周りに色鮮やかな港の村が集まっています。この自然の楽園には、カメ、マツテン、アザラシなどたくさんの動物が生息しています。

MSCクルーズの寄港地観光では次を含む場所を訪れます
• メリッサニ洞窟
• フィスカルドとアソス
• ドロガラティ洞窟と聖エフィミアビレッジ

MSCクルーズの寄港地観光でメリッサニ洞窟を探索しましょう。自然を愛するゲストには最適な1日となるでしょう。この洞窟は、首都アルゴストリからわずかな距離にあり、美しい森に囲まれています。洞窟の中には、2つの壮大な穴、透き通った水、更に中央に小島があります。空に空いた巨大な穴から明るい日光が輝きます。その後、ロボラでのワインテイスティングでリラックスした後、魅力あふれる港の村サミを訪れます。そして、白い砂浜と雄大な山々が広がるミルトスビーチで写真を撮ります。

豪華なケファロニア島の景色を楽しむドライブで始まるMSCクルーズの寄港地観光でリラックスしましょう。この島の絶滅危惧種のアカウミガメやその営巣地についてを学び、特徴的なジェラート色の家々が有名な漁村アソスに行く前に、素敵なミルトスビーチで日光浴も楽しめます。そして、心地よい海辺の町、素晴らしいフィスカルドでツアーを終了します。

MSCクルーズの寄港地観光で地質学的に世界でも知られている壮大なドロガラティ洞窟を巡りましょう。1億年以上前に形成されたこの自然の驚異は、鍾乳石と石筍の天国のようです!この驚くべき洞窟を訪れ、音響の異世界として名の知れている『神格化の部屋』を体験しましょう。その後、ヨット愛好家に人気のある村、アギア・エフィミアでツアーを続けます。そして素敵なペラタタ村の上にある聖ジョージ城でツアーを終えます。 最後は、アルゴストリに戻るイオニア海岸沿いの景色の美しいドライブをお楽しみください。

MSCクルーズ寄港地

Argostoli

MSCクルーズ寄港地
Myrtos beach

MSCクルーズ寄港地
The spectacular Melissani cave







MSC寄港地紹介トップ 地中海

MSCクルーズ寄港地


MSCヨットクラブ MSCヨットクラブ
あなたのための最高のサービス。MSCヨットクラブでラグジュアリーな船旅を楽しもう。
おすすめクルーズ おすすめクルーズ
経験が豊富なIMAがお客様の為にセレクトしたおすすめクルーズの特集です。
ディスカバーMSC ディスカバーMSC
客船、船内設備、サービスなど、MSCクルーズの素晴らしさを全部教えます!
クルーズの楽しみ方 クルーズの楽しみ方
初めての方に、興味のある方に、クルーズの楽しみ方を教えます!
MSCプロモーション お得なプロモーション
きっと嬉しいMSCクルーズのプロモーションがみつかります!
ニュースレター登録 ニュースレター購読
購読者だけにお届けするMSCクルーズのお得な情報をメールで配信中です!
    IMAすぐフォロー!
    IMAすぐシェア!
MSCクルーズ検索とオンライン予約